商品について

Q商品のサイズはどのように測っていますか
A衣類はすべて平台に平置きし、外寸を測定しております。商品やデザインによっては若干の誤差が生じますので、あらかじめご了承ください。
Q注文から納品までどれくらい時間がかかりますか?
Aご注文確定後、2~3営業日以内に発送いたしております。

配送について

Q配送業者はどこですか
A現在、ヤマト運輸のみのお取扱いとなります。配送業者のご指定も可能ですので、ご希望あればご注文の際に、その旨ご記載ください。
Qお届け地域について教えてください。
A全国へお届けいたします。

返品・交換について

Q商品を返品したい
A商品が不良品の場合、または誤配送の場合のみ、返品をお受けいたします。お客様都合での商品の返品は承れません。あらかじめご了承ください。
Q商品を交換したい
A商品に不備があった場合のみご対応させていただきます。誠に申し訳ございませんが、お客様のご都合による交換は出来かねます。あらかじめご了承ください。

2016/09/26 19:55

今日もご覧いただきありがとうございます。店長のえみりんです。
沖縄は、台風17号の影響で朝から風が強く、午後からは雨も激しく降り始めてきました。
大きな被害が出ないことを祈るばかりです。

さて今日は、古我知焼(こがちやき)について窯元の仲宗根隆明さんのメッセージをご紹介させていただきたいと思います。


----
古我知焼は、喜納、知花、湧田、宝口とともに沖縄古窯の一つで名護市の古我知部落(旧羽地村)の奥で1800年代の初めまで焼かれていたと推定されています。
窯跡は付近から出る白っぽい土を使い、飴・黒・伊羅保ビードロ風、それに焼締めと、灰釉を主に周囲地域の生活必需品等が焼かれており、重厚、素朴でたくましさが特徴と言えるでしょう。
技法には、布ふき、藁ふき、手描きフィーガキ等が多く、朝鮮あるいは南方の焼物の流れをくむと思わせる面もあります。
文献にもなく色々と謎に包まれた窯で、地元の古老に尋ねても手がかりになる話しは今のところ全くありません。
その古我知焼の復興をと、窯跡近くに五袋の登り窯を築き、昭和49年3月に初釜を出し今日に至っております。
先人の残した素晴らしい面をできる限り吸収し上釉も新たに乳白、緑釉その他の釉等を加えいろいろな試みの中から、今日の生活に適応した「それぞれの用途にかなった焼物」を目指して製作しております。
----